農園スタッフ紹介


近藤 剛   l   GO Kondo

農園プロデューサー

 

 

近藤ファームの使命は、

質の良いサービスを提供し続けること

 

 高い品質、充実した設備、そして「やりがい・やる気」を持ったスタッフたちで、東京・瑞穂町にて活力のある農園を実現し、野菜や食、農業を取り巻く社会の環境変化に応じ、お取引先様の利益に持続的に貢献していきます。

 「人は最大の財産」。やる気・やりがいを持った多様な才能のスタッフが揃い、農業そして近藤ファームの可能性は無限大です。お客様の満足度をより高めること、働くスタッフがより生き生きと働ける環境を作ること、そして地域農業の発展に寄与すること、「三方よし」の精神で今後も挑戦し続けます。

 

 これからも成長し続ける近藤ファームをよろしくお願いします!



近藤 美保子   l   Mihoko Kondo 

農園サブ・プロデューサー

 

目指せパーフェクト・ベジタブルス!

 

 「やっぱり近藤ファームさんの野菜が一番!」。そう信頼していただける取引ができるよう、責任を持って最高の野菜を提供し続けることを日々心掛けています。

 また、仕事の効率化や環境づくりの改善点などの意見交換ができるスタッフに恵まれています。大好きな仲間たちから学ぶことが多いんです。そんな環境で日々野菜に向き合っています。



工藤 正明

Masaaki Kudo

スタッフ

業界の枠を越えて近藤ファームの魅力を発信したい!

 週1のアルバイトで通い始め数年が経ち、現在は生産管理を教わって野菜を育成しつつ、メンバーの育成計画、作業の効率化など組織としてすべき仕事が増えてきた近藤ファーム。

 今の目標は近藤ファームの番頭として社員・アルバイト問わず働き易い組織づくりに注力し、皆が同じ方向を向いて会社として活気付き、東京全体の子供達に給食を通してこの活気を届けていくことです。

(以前のモチベーション)

 ものづくりから売ることまで含めて完遂できるビジネスとして農業に興味を持ちました。生産・管理・宣伝・営業などビジネスの全般に触れられ、それぞれに興味を持ち熱心に取り組む場であるこの農園で、新しい仕事を生み出していくことが目標です。

栗林 満里子

Mariko Kuribayashi

スタッフ

畑の行き帰りに見る富士山は最高です!

 近藤ファームに関わる皆さんはお人柄がとても温かく、子育てにも理解していただいて、とても働きやすいです。

 杉並に生まれ宮崎で10年田舎暮らしをしてきた経験から、自然に触れる時間が自分らしいと感じています。つむじ風や赤とんぼを畑で感じられる幸せなお仕事です。

親川 理貴

Riki Oyakawa

スタッフ

農業を武器に世界を席巻したい!!!

 大学では国際学部に通っており、農業を通じて日本の魅力を海外(特にインドネシア)で活かしていくことに興味を持っています。これまでにも高校や大学で農作業を経験したことはありましたが、東京でこんなに野菜が作られていることに日々驚きながら、種を播いて収穫するまでの細かい生産工程や、野菜がどのようにして流通し、店頭で販売されたり、学校給食として食べてもらえるのかを近藤ファームで学んでいます。

また、地元出身であることから小・中学校の給食で実際に食べていた地元の野菜を、近藤ファームで働くことによって今度は自分が作る側になったということも感慨深く感じています。



遠山 杏

Anzu Tohyama

スタッフ

自分らしく居られる場所!

 昨年東京都立瑞穂農芸高校在学中の夏のインターンで初めて近藤ファームに来ました。初めて働いたあの日から、是非ここで働きたいと感じ、就職活動を経て2019年の新卒で入社し私の社会人としての農業人生がスタートしました。高校生活3年間、授業や園芸部の活動を通して学校で学んだことを活かして働けることに大きな喜びとやりがいを感じています。

 五感で自然を感じながら、身体を動かして働く農業は私にとってまさに天職。アットホームで笑顔が絶えない近藤ファームこそ、私が私らしく居られる場所です!

 働いているスタッフやそれを支えて下さる近藤ファームを取り巻く全ての人が暖かく、こうした暖かな”人の繋がり”こそが野菜が美味しく育つ秘密です!

 現在各野菜の生産管理方法を勉強中です!

小寺 竜馬

Ryuma Kodera

スタッフ

将来の夢は花卉(かき)農家!

 私は現在東京都立瑞穂農芸高校3年生です。学校では農業の基礎を学んでおり、将来は花卉の生産農家になりたいと思っています。

 子供のころから花が好きで家で観葉植物を育てています。中学2年生で農業に興味を持ち、農業高校に進学し、部活は園芸部。この夏から近藤ファームでアルバイトを始めたことで、最近は授業でも、放課後も、アルバイトでも、家に帰ってからも植物に接している幸せな日々を送っています。

 アルバイトを始めてから、学校や趣味では学ぶことのできない、

・人とかかわりながら農業をすること

・生産してから販売することを視野に入れ、年間、月間、1週間でさえ目標を持ち働くということ

など、多くの経験、出会いに日々自分自身の成長を感じられています。

 将来農家になったら、安く安全で高品質で立派な苗を沢山の人に届けたいです!

山谷 路武

Robu Yamaya

スタッフ

現場での勉強がしたいです!

 私は東京都立瑞穂農芸高校の1年生、2003年生まれの16歳です。2019年9月から近藤ファームで働き始めました。まだわからないこと、不慣れなことが沢山あります。しかし、近藤ファームのスタッフの皆さんが丁寧に仕事を教えてくれるため、少しずつではありますが仕事を覚えることができ、そんな日々にやりがいを感じています。

 学校では日々の実習で野菜の育て方を学んでいます。1時間の授業の中で目の前の野菜について丁寧に勉強する学校と、同じ1時間の中で先のことも考えながら効率を意識し周りとの連携をとって生産をする現場との違いに凄く刺激を受け、1回1回の出勤に自分自身の成長をすごく実感しています。


濱原 佳恵

Yoshie Hamahara

スタッフ

少しでも自分の道を選べるように!!

 私は現在東京都立瑞穂農芸高校の2年生です。今年の夏休みのインターンシップの際に、高校の園芸部の先輩である遠山杏さんが就職しているこの近藤ファームに来ました。

 身体を動かしながら、学校で学んでいることを活かして働くことに凄く働きがいを感じ、スタッフの先輩方の雰囲気の良さに驚きも感じました。

 私は小さいころから身体を動かすことが好きで、両親の実家のある広島の山の中、田んぼ道を駆け回ったり祖母の趣味の畑で一緒に収穫したりと自然の中で遊んだ経験から農業を学びたいと高校を選びました。

 今年から2年生になり、農業・環境への興味から進学して学びを深めるのか、また、就職してすぐに農業を始めるのか、進路について迷っているところです。

 インターンが終わり2学期が始まってまた学校で農業を学んでいる中、日に日に「もっと農業について知りたい、農業をやりたい」という気持ちが大きくなり、自分の道が少しでも開けるのではないかと思い、この秋からアルバイトを始めました。