農園紹介


農園場所:東京都西多摩郡瑞穂町長岡長谷部

(ご連絡なしのご訪問はお断りしているため、詳細の住所は公開しておりません。まずはメールよりお問い合わせください)

kondo_farm@oasis.ocn.ne.jp



 東京都西部にある西多摩郡瑞穂町に位置する近藤ファームは、主に長ネギ・キャベツ・トマト・ミニトマトなど、食卓の定番野菜を生産する農園です。

 農園規模は、東京都内では規模が大きめの約4ヘクタール。主な取引先である量販店・加工業者・仲卸業者の皆様には、質の良い野菜を安定出荷できる農園として認知いただいています。

 

 「東京都エコ農産物※」の認証を受けています

   安全・安心な農産物を消費者にお届けするため、

   生産する野菜の多くが環境に負荷をかけない当制度の認証を受けています。

 

 農産物の質を評価する品評会での連続受賞

   毎年都や町で開催される、農産物の質を評価する品評会では

   特別賞を連続受賞してきた実績があることから、品質にも自信があります。

 

 安定出荷を可能にする設備への投資

   安定出荷をより強く持続可能にするため、

   パイプハウスや各野菜専門の機械導入などの設備投資を

   計画的・継続的に行なっています。

 

 産業として成長可能な雇用形態と優良な勤務環境

   農業を成長産業と捉える当園は「人は最大の財産」との考えのもと、

   雇用の積極的な受け入れを行なっています。

   年間を通して農業関係団体などからの視察依頼があることから、

   優良な勤務環境と評価されています。

 

 

当農園の使命は、高い品質、充実した設備、そして「やりがい・やる気」を持ったスタッフたちで、活力のある農園を実現し、野菜・食・農業を取り巻く社会の環境変化に柔軟に応じ、お取引先様の利益に持続的に貢献できる、質の良いサービスを提供し続けることです。

 

※「東京都エコ農産物」は東京都が化学合成農薬と化学肥料を削減してつくられる農産物を認証する制度です。

   詳しくはこちらをご覧ください。

  http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/norin/syoku/econosanbutu/econosanbutu.htm


 こんにちは、近藤ファームの農園プロデューサーの近藤 剛(ごう)です。

 私が2006年に会社員を辞め農業という職に就いてから、約10年が経ちました。農業を始めた時の感動とやりがい今も変わらず、農業は本当に「天職」だと思っています。非農家で生まれ育った私が農家の跡取りである妻と結婚し、、数年後に妻の両親から経営を受け継ぎ、家族や周りの方々の支えで今では東京都内有数の農園になりました。

天候という不確定要素の中で営む農業は、時に困難を突きつける時もあります。しかし畑という真っ白なキャンパスを舞台に、皆様に喜んで頂けるものを創りだし、お客様の元へ届ける___そのような創造性を持った農業に今なお夢を膨らませ、多くの可能性を信じています。

 

 社会や経済、自然環境の変化に柔軟な態度で臨み、対応し、いつの時代も皆様に喜んで頂けるものを提供していきたいと思っています。

 

「野菜」という日常的な物と日々真剣に向き合い、消費者の方々、お取引先の方々のニーズにお応えすることが私たちの使命であります。

 

 そのための取り組みとして、消費者の皆様の「安全・安心」を高めるために「東京エコ農産物認定」の栽培方法、お取引量の増大に伴う農地面積の拡大、天候不順に対応するためのパイプハウスの増設…。それらは全て消費者の方々、お取引先の方々の満足度を高めるためへの挑戦です。

地元産の野菜、東京都産の野菜における需要の高まりにお応えし、社会のお役にたてるよう、より力強く農業生産に取り組んでいきたいと思います。

仕事とは「誰かの何かを解決する」「誰かに感動を与える」ことと私は思っております。私はこの農業を通じて「新鮮な野菜で消費者の食卓を潤す」「瑞穂町または東京都産の野菜を求めている実需者様に安定的に納品する」ことを軸とし、お客様に喜んでいただけるよう日々奮闘しております。

 

東京でありながら多くの畑を残すこの瑞穂町で、優秀なスタッフとともに、皆様に感動を提供し続けられればと思います。